コンフリクトが出て『とりあえずリモートのきれいな状態に戻してやり直したい』時に使えるコマンドとEclipseでの操作

 

gitで複数人が作業していると、必ず起こるのが「コンフリクト」。

全然関係ないソースをいじっているならOKなんだけど、そんなことばかりではないですよね。

gitをまだあまり理解していないときに、下手にいじって他の人に迷惑かけたくないし。。

「とりあえず、リモートのリポジトリのきれいな状態に戻して、そこに自分の変更を加えようかな~」と思うこともあるハズ。

今回は、そんなときに使えるコマンドと、それをEclipse上で行なう方法を解説します。

 

一回リセットしたいときのコマンド「git reset」

その名も「git reset」。

ローカルの自分のリポジトリの状態を、ある時点に「リセット」することが出来ます。

リセットの種類にも、「ソフト」「混合」「ハード」がありますが、きれーいに戻したい場合は、HEADやインデックスだけでなく、作業ディレクトリの状態も戻してくれる「ハード」が良いです。

コマンドの使い方は、

git reset --hard (戻りたいコミットのコミットID)

です。

git reset --hard 499f2159de

みたいに使うことで、コミットID「499f2159de」の状態に戻ることができます。

 

eclipseでやる場合

eclipseでやる場合は、下記のように、プロジェクトを左クリックして、「チーム」→「リセット」を選びます。

eclipseで開く

 

すると、以下のようなダイアログが開くので、戻したい先のコミットを選択します。
(おそらく、リモート追跡リポジトリのコミットであることが多いかもしれません。)

eclipseダイアログ

 

ダイアログの下には、リセットの種類を選択するラジオボタンがありますので、適切なものを選びます。
「ハード」を選ぶと、上記に記載したように、作業ディレクトリまできれいに更新してくれます。

こんな記事も関係あるかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ