Gitコマンドで特定のファイルを前バージョンの状態に戻す

 

プログラミング作業中、特定のファイルを「きれいに戻したい」ということがあると思います。

「きれい」というのは、いろいろ作業していたんだけど、いったん、リモート・リポジトリやローカルのタグの状態に戻して仕切りなおしたい!といったような場合です。

 

ローカルで編集中の特定のファイルをHEADの状態に戻したい場合は、

git checkout {ファイルのパス}

を実行します。

 

一方、特定のファイルをある特定のコミットの状態に戻したい場合は、

git checkout {hash} {ファイルのパス}

を実行すればOKです。

 

特定のファイルではなくて、作業中のディレクトリ全体をリモートと同じ状態にしたい!

いろいろ変更しちゃったけど、いろいろエラーでるので、リモートの状態で上書きしたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

 

チーム開発で必要なgitを完全マスターする方法
 → 私が、gitを自由自在に使いこなせるようになったやり方

こんな記事も関係あるかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ