リモートの初期リポジトリーにEclipseプロジェクトをプッシュする

Eclipseで作成したプロジェクトを、開発チームで共有するために、gitのリモート・リポジトリーにプッシュする場合の手順です。

説明のために「next-project」というJavaプロジェクトがEclipseで作成してあることにします。

最初にすることは、そのプロジェクトをgitのローカル・リポジトリー化することです。その後、それを空のリモート・リポジトリーにプッシュします。

 

1. 最初にEclipseプロジェクトをローカルのリポジトリー化する

プロジェクトを右クリックして、「チーム」→「プロジェクトの共用」を選択します。すると、タイプを選べますので「git」にします。

Renta

 

次の画面で選択するのは、ローカル・リポジトリーの作成場所です。git管理用のディレクトリを決めているならそこを選んでも結構です。私は、「プロジェクトの親フォルダー内のリポジトリーを使用または作成」にチェックをいれます。

Renta

 

すると画面が変わって、以下のようになります。プロジェクトにチェックを入れる前は、「workspace内にgitリポジトリを作るのはお勧めしない」という旨の英語のワーニングが表示されます。これは、非常に大きなプロジェクトの場合、パフォーマンスが落ち、遅くなることがあるためのようですが、私はあまりそのような状況になったことはありません。

Renta

 

上記で「完了」ボタンを押すと、ローカル・リポジトリーができますので、まずは、管理対象のリソースを索引(index)に「add」しましょう。そうやって、管理対象のリソースをステージングしたら、コミットします。

Renta

 

これで、プロジェクトをローカル・リポジトリーとすることができました。

 

2. 空のリモート・リポジトリーを用意する

次にやることは、作成したローカル・リポジトリーをプッシュする先のリモート・リポジトリーを用意することです。GithubやBacklog、社内のgitサーバなどにベア(空の)リポジトリーを作成ましょう。

この説明では、Github上にプロジェクトと同じ名前のリポジトリーを作成ます。また、Githubの登録は済ませているものとして説明します。

Githubのリポジトリー画面に行って、「New」ボタンを押すと、下記のような画面になります。リポジトリー名は何でもいいですが、Eclipseのプロジェクトと同じ「next-project」としました。なお、「Initialize this repository with a README」にはチェックは必要ありません。ここでは、READMEファイルは作成せず、空のリポジトリーとしたいからです。

Renta

 

リポジトリーを作成すると、URIが発行されますので、それをメモしておきます。https形式にしました。

Renta

 

 

3. リモート・リポジトリーにプッシュする

最後に、用意した空のリモート・リポジトリーにプッシュします。プロジェクトの右クリックから、「ブランチのプッシュ’master’」を選択します。

Renta

 

すると下のようなリモートの設定画面になりますので、先ほどメモしたGithubのリポジトリーのURLを貼り付けます。ユーザ名とパスワードは自分の登録したものに置き換えてください。

Renta

 

Renta

 

次のダイアログでは、プッシュ先のブランチを指定します。これはデフォルトの「master」で良いでしょう。相手は空のリポジトリーなので、プッシュ時にmasterブランチが新規に作成されます。また、「プッシュおよびプルのアップストリームを構成する」にチェックが入っていると、デフォルトのアップストリームとして、このリモート・リポジトリーを設定します。

最後に完了ボタンを押すと、リモートにプッシュされます。

Github側で確認すると、以下のようにEclipseプロジェクトのファイルが登録されていることが分かりますね。

Renta

 

こんな記事も関係あるかも

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ