GitLabをCentOSにインストールする手順と設定方法

GitHubは無料でも利用できるGit環境ですが、フリーだとプロジェクトを公開しなければいけないため、仕事での開発や公開したくないプロジェクトのバージョン管理がやりにくい点もあります。

そのため、自分でGitサービスを立ち上げると、非公開のプロジェクトも社内で管理出来て便利ですよね。

そんな時の選択肢の一つとして挙げられるのが、GitHubクローンをうたっているGitLabです。

このページでは、GitLabを、契約しているさくらのVPS(CentOS6)にインストールしたときの手順と留意事項をメモしておこうと思います。

インストールの作業自体は非常にシンプルになっていて、最初の画面が動いているのをブラウザで確認するまで、10分程度で終わりました。

 

はじめに、下記Gitlabのページで、対象のOSごとのインストール方法を確認します。

Gitlabダウンロードページ

Gitlabダウンロードページ

 

CentOS6でのインストール方法

インストール前の環境設定

このページで対象のOSをプルダウンで選択すると、そのOSに応じたインストール方法が表示されます。

CentOS6の場合は、以下のコマンドで、curlとopen ssh,postfixとcronieをインストールし、postfixの起動、ポート開放を行います。

sudo yum install curl openssh-server openssh-clients postfix cronie
sudo service postfix start
sudo chkconfig postfix on
sudo lokkit -s http -s ssh

既にパッケージがyum等によってインストールされている場合は、この手順は飛ばせます。なお、対象の環境にそれらのパッケージがインストールされているかを確認するには、

yum list installed | grep <パッケージ名>

を使うことができます。

 

Gitlab Community Editionのインストールと初期設定

用意ができたら、下記のコマンドで、gitlabのリポジトリをセットアップして、yum経由でインストールします。

curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash
sudo yum install gitlab-ce

下記のように、Complete!と表示されればOKです。

Gitlab Install

 

なお、このコマンドにより、Gitlabを動かすために必要なファイル群はインストールされていますが、デフォルトのセッティングになっているため、使っている環境に応じて、設定を行う必要があります。

Gitlabでは、主な初期設定は「/etc/gitlab/gitlab.rb」で行います。設定できる内容については、公式サイトのSetttingのページが詳しいですが、とりあえずエラーなく起動させるのには以下の設定が必要でした。

サーバのURLとポート番号

external_url ‘<サーバ名>:<ポート番号>‘
「external_url」のところを上記のように変更します。Gitlabの外部向けサービスは新たにGitlab用にインストールされる「Nginx」を利用して行われますが、CentOS上でApacheなどのWebサーバが動いている場合は、80番ポートとかぶってしまうので、ポート番号も指定しておきます。

メモ:Nginxに限らず、Gitlabでは、必要なパッケージは特に設定しない限り、新たにインストールされ、その場所は「/var/opt/gitlab」に置かれます。Postgresql とRedis などです。ただし、既存の同じサービスが動いている場合、各サービスのポート番号がかぶる可能性があるので、起動時にエラーが出る場合は、そこを疑ってみるのもいいかもしれません。

 

初期設定の反映と起動

「/etc/gitlab/gitlab.rb」に設定を行ったら、

gitlab-ctl reconfigure

を行います。このコマンドにより、gitlab.rbの設定内容が各サービスの設定に反映されて、再度コンフィグされます。エラーなくコンフィグが完了するとGitlaサービスの起動まで行われます。

 

サービスのその他のコマンド

gitlab-ctl status
Gitlabサービスの起動状態を確認できます。

gitlab-ctl restart
Gitlabサービスを再起動できます。

起動が無事成功して、external_urlで設定したURLにブラウザでアクセスすると、以下の画面が開きます。

Gitlab Install

 

この画面で変更を要求されているユーザは「root」です。初期パスワードは「5iveL!fe」となっていますが、適切なパスワードに変更しましょう。

Gitlab Install

 

無事変更が完了すると、以下のような、ログイン後の画面が表示されます。

次回以降、実際のプロジェクトをGitlabで運用していきましょう。

 

こんな記事も関係あるかも

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ