GitでProxyの設定を行ってエラー回避する方法

開発している場所の都合で、プロキシ・サーバの背後にネットワークがある場合は、proxyの設定を行わないと、

fatal: unable to access ‘https://github.com/pakun1222/next-project.git/’
: Failed to connect to github.com port 443: Timed out

のようなエラーになって、GitHubなどのリモートリポジトリに接続できないことがあります。

そんなときには、gitの環境設定を行いましょう。

gitのコマンドプロンプトで

git config --global http.proxy http://proxy.host.com:8080
git config --global https.proxy http://proxy.host.com:8080

を打ち込めば、環境設定ファイルに

[http]
	proxy = http://proxy.host.com:8080
[https]
	proxy = http://proxy.host.com:8080

が追加されます。

(Windowsの環境では、ユーザディレクトリ配下の「.gitconfig」ファイルになります。)

きちんと設定されているかを確認するには、

git config --list

を打つと、設定した環境変数が表示されます。

image

 

こんな記事も関係あるかも

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ