EGitでリモート・リポジトリーを設定した時のエラー対処

EGitでリモートのリポジトリーを設定するダイアログで、赤い×マークが出て先に進めない時がありました。下記画像で、赤い×マークのところには「Internal Error, consult Eclipse error log.」というメッセージが出ています。

error

 

「エラーログをみてください」というメッセージに従って確認してみると、

!ENTRY org.eclipse.egit.ui 4 0 2016-12-25 13:30:08.136
!MESSAGE Error validating org.eclipse.egit.ui.internal.components.RepositorySelectionPage
!STACK 0
org.eclipse.equinox.security.storage.StorageException: Unable to locate secure storage module (org.eclipse.equinox.security.windowspasswordprovider).
	at org.eclipse.equinox.internal.security.storage.PasswordProviderSelector.findStorageModule(PasswordProviderSelector.java:190)
	at org.eclipse.equinox.internal.security.storage.SecurePreferencesRoot.getModulePassword(SecurePreferencesRoot.java:231)

 

といったエラーです。セキュア・ストレージにデータを保存できないような感じのメッセージですね。いくつか対処法を調べましたが、すでにEclipseがデフォルトでセキュア・ストレージ(認証情報を格納しておく領域)とみなしているところにすでにデータがあるため、保存に失敗する場合に出出るようです。

複数のバージョンのEclipseを使っていたりすると、起こりやすいシチュエーションなのではないかと思います。

 

エラーの対処法

対処法ですが、すでに格納されている認証情報を初期化することでエラーは出なくなります。

「ウィンドゥ」→「設定」でダイアログを開き「セキュア」とか「ストレージ」で検索すると以下のように「セキュア・ストレージ」の設定が確認できます。案の定、すでに設定があるようですね。

setting

 

そこで、右下の方の「削除」ボタンを押して、登録されている情報を初期化します。Eclipseの再起動をうながされると思いますので、再起動すると、エラーは出なくなりました。

setting

 

こんな記事も関係あるかも

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ